この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

2017/06/23 13:30 [edit]

category: 雑記

tb: --   cm: --

Thu.

  

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

2017/05/18 00:50 [edit]

category: 未分類

tb: --   cm: --

Sun.

目指せグランドマスター  

スマホにインスコしてあるチェスソフト相手にレベル30くらいが丁度良いのだが、ついさっき渾身の一局を指し終えた。

[Event ""]
[Site ""]
[Date "2017.05.14"]
[Round ""]
[White "mastersoft chess"]
[Black "asagaku"]
[Result "0-1"]
[Time "16:18:40"]

1. Nf3 c5 2. c4 e6 3. d4 d5 4.
cxd5 exd5 5. Nc3 Nc6 6. g3 Nf6
7. Bg5 Be7 8. dxc5 Qa5 9. Bxf6
Bxf6 10. Rc1 d4 11. b4 Qxb4
12. Qa4 Qb2 13. Rc2 Qa1+ 14.
Nd1 Bg4 15. Qb3 O-O-O 16. Qxf7
d3 17. Rd2 Bc3 18. Qf4 h5 19.
exd3 Rhe8+ 20. Be2 Rxe2+ 21.
Kxe2 Nd4+ 22. Ke3 Re8+ 23. Ne5
Bxd2+ 24. Kxd2 Qxa2+ 25. Ke3
Nf3 26. Ke4 Rxe5+ 27. Qxe5
Nxe5 28. Kxe5 Qe6+ 29. Kd4
Bxd1 30. Kc3 Qb3+ 31. Kd4 Bf3
32. Rf1 Kd7 33. Ke3 Ke6 34.
Kxf3 Qxd3+ 35. Kg2 Kf5 36. Rh1
Kg4 37. h3+ Kf5 38. h4 Kg4 39.
Rf1 Qf3+ 40. Kh2 a5 41. Kg1
Kh3 42. Re1 Qg2# 0-1



10…d4から黒の怒涛の攻撃が始まる。
15…0-0-0でトドメ。
16 Qxf3がブランダーすぎる。 Bg2からキャスリングに逃れるべきだが、どちらにしてもRhe8から駒損(と思う)


10年前くらいにハマっていたチェスだけど、最近コツコツやってます。
今はどこに人がいて盛り上がってるのかなぁ

2017/05/14 16:39 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

Wed.

趣味は何ですか?  

趣味は何ですか?よく聞かれる質問かもしれない。履歴書や自己推薦書にはほとんどの場合記入欄があるし、初めましての間柄の人にはよくされる質問だろう。
私はそのような場面に出くわした時、言葉を濁す人種であった。比較的無趣味な私は、とりあえず読書と答えるようにしていた。なぜなら、当たり障りのないものに聞こえるからだ。
世間一般には、趣味は高尚でなければならないという暗黙のルールがあるように思われる。全くもって不愉快である。趣味はネトゲと風俗。そう声を大にして言いたい。
しかし、そうは言っても何事も始まらない。何となく、渋々にではあるものの、本格的に読書を始めることにした。趣味は読書です。堂々と相手に言えるようになってみたかったのだ。加えて、私の欺瞞は本を愛する人に対する侮辱だと思ったのだ。
書を読むということは、確固たる知識も根付く。私の場面、それは間接的にではなく、直接的に必要だ。そうしない理由がなかったのである。

さて、読書といっても何から始めよう。漠然とした問題に困惑もあったが、私は近代文学から入ることにした。
現代文学から入るのも良いと思ったが、時の流れに沿っていくのが最適だと考えたからだ。
本来であれば、古事記から入るのが最良だが、幸いある程度古典文学には教養があった。微々たるものではあるが。

浅学非才な私でも名著というものには目を通したことがあったので、改めて今回文学史を学ぶ上で気になったものを手に取ることにした。

面白い。勉強の間の休憩時間を読書にするほどのめり込んだ。蒐集することも物欲を満たしてくれた。前置きは長くなった上に、ありきたりな話だが、読書は素晴らしいという話である。

僭越ながら最近読んだ中でもお薦めを紹介したいと思う。

『五重塔』幸田露伴
幸田露伴という作家を知っているだろうか。思うに、知名度は高くはない。街行く人に、好きな作家を3人教えてくださいと100人に聞いても、1人も挙げないことがあるかもしれない。そんな作家の作品を推したいのには理由がある。
それは、内容はともかく、文語体の美を知ってもらいたいからだ。世の中を闊歩する卑語と異なる美しさを感じてほしい。
斯様な文言を一方的に押し付けられても、実行に移す信者はあまりいないだろうと思う。




何か一心不乱に物事を頑張りたい人、お薦めである。

無責任な言葉に結びを任せて今日はこのへんで。

2017/03/08 23:06 [edit]

category: 文学

tb: 0   cm: 0

Fri.

引っ越し作業の傍らで  

諸事情あって引っ越すことになり、大体1年ほどネット環境から身を投じることになりそうな所長です。

最近所用で東京の方へ週に3度行くのですが、電車の利用時間が苦痛でどうしようかとずっと悩んでいました。
それこそ、大学のときの受験前のように参考書でも読んでおけば良いものを、最寄り駅に隣接してある書店で

1612021.jpg

皆さん高校時代に一度は触れたであろう中島敦の『山月記』を今一度文庫で読みたくなって買っていました。
高校国語と言えば皆さん何を思い出しますか?
地域や使っていた教科書によって題材は違うのですが、おそらく外せないのは…

一つは、『こころ』
日本人なら読むべき名著中の名著です。説明不要でしょう。

一つは『羅生門』
これまた説明不要。芥川も中島同様、個人的には声に出して読みたい文章を魅せてくれます。

このあたりでしょうか。あとは、『舞姫』もどの教科書にもおそらく掲載されているでしょう。






「隴西の李徴は博学才穎、天宝の末年、若くして名を虎榜に連ね、ついで江南尉に補せられたが、性、狷介、自ら恃むところ頗る厚く、賤吏に甘んずるを潔しとしなかった。」

こんな一文で始まるこの物語は、久々に読むとやはり何十年も高校国語の教科書に掲載されているだけの由縁を実感できます。

「我が臆病な自尊心と、尊大な羞恥心の所為である。己の珠に非ざることを俱れるが故に、敢えて刻苦して磨こうともせず、又、己の珠なるべきを半ば信ずるが故に、碌々として瓦に伍すことも出来なかった。」

「本当は、先ず、この事の方を先にお願いすべきだったのだ。(自作の詩を旧友の部下に書きとどめてもらうのではなく)己が人間だったなら。飢え凍えようとする妻子のことよりも、己の乏しい詩業の方を気にかけているような男だから、こんな獣に身を堕すのだ。」



ここまで声に出して読みたい一文はないでしょう。
これほどまでの名文、名著を今のご時世古本屋へ行けば100円で買えます。どうしてもというのであれば、新書で500円程度です。



最近、電車へ乗れば8割以上の人がスマホをポチポチいじってゲームをしたりラインをしたり動画を観たり。
別にそれにとやかく言うつもりはないのですが、本を読んでいる人を見るとやはり教養を感じてしまう所長でした。



皆さんもお時間があれば、押入れに入れてある教科書をもう一度読んでみてはいかがですか?





それはそうと、最近この曲にハマってます。





バイエルンがゴールを決めた時の「アレ」です。
死刑執行テーマかな?

2016/12/02 10:53 [edit]

category: 文学

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

RSS

アクセスカウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

▲Page top